おこんばんちは

 

お久しぶりです。

 

 

新年度です。

 

春とは言い難い天候ですね。

 

 

 

最近は色々な「最後」が起こってます。

 

 

大学を卒業した

故に今後大学の友達会うことも滅多にない

同時に、長かった学生生活を終えました。

今まで学生の立場に甘んじたり、都合よく利用したりしてた事も出来なくなる

今まで鎧を着て闘ってたのが急に布切れのみになった気分です。

逆に開き直ることもできそう。

 

 

f:id:takerusskk:20170401222930j:image

 

 

f:id:takerusskk:20170401222950j:image

 

 

バイトも最後のシフトを提出

早めの送別会を開いてもらい、もう会うことない人が増えていく

また、くらきの方も最後の出勤日が決まり、約3年の歴史に幕を降ろす

ボウリングの方は、短期とは思えないくらい愛着湧きました。色々な事情持ちの職場だったけど俺は勝手に楽しくやらせてもらえてたので、問題なしです。特にタメのみんなとは今後も付き合いたい。

くらきは、途中から雰囲気について行けず孤立していった感あるけど、なんだかんだ好きな職場。たくさん成長して、活かせるスキルも手に入れました。

 

 

f:id:takerusskk:20170401223023j:image 

 

 

留学前最後の遊び

3月は、周りが社会人になる目前なので遊び優先にしました。

厳密に言うと、近く日本から旅立つ俺に付き合わせたのです。

こうして遊ぶ機会も少なくなってしまうのは寂しい。

旅行や飲み、ボウリングなど悔いが残らないくらい遊べました。 

 

f:id:takerusskk:20170401223115j:imagef:id:takerusskk:20170401223205j:imagef:id:takerusskk:20170401223251j:imagef:id:takerusskk:20170401223301j:imagef:id:takerusskk:20170401223316j:image

 

 

 

 

みなさんのご協力感謝です。

私は成長して帰ってきますよ。

 

 

f:id:takerusskk:20170401223353j:image

 

 

 

周りの人のオアシスになれるように頑張ります。

どれだけ辛く苦しい環境でも、俺が逃げ場となれるような存在を目指します。

否定ばっかせず、自分で考えることを優先し、初めから手を差し伸べるのではなく、本当にやりたいことを確かめさせる

 

こんな教師になります

 

あとは学力だけって思ってたけど、まだまだ人間として足りないなぁって感じました。

 

 

あと、常識やマジョリティに流され騙されってのはよくない

ほんとに存在するのかって思ってたけど、明らかにおかしいことを大多数が正しいと主張すればそれが「正しい」になっちゃう

 

 

マジョリティこそ正しいとなると、正義とか自分らしさとか失われていく

型通りの人しかできなくなる

 

 

想定外のこと、自分の常識外のことを受け入れるってことを最近の親たちは恐れてるみたい

恐れてるっていうか、拒絶してるみたいです。

 

 

集まって陰口を叩き、その陰口を言われたくないからそこに入り、組織を大きくして偽の正義を生み出す

 

悪徳商法や詐欺と何ら変わりないですね

 

 

そういうことを伝えるにはどうしたらいいのか

 

 

なんか、子どもに窮屈な世界を楽しんでほしくないなぁ

 

俺自身がたくさん経験して、親たちも自分が子どもならって考えさせて、解決していくしかないのかな

 

 

親が介入するタイミングを見計らうことが大切ですね

子ども同士で解決できることはさせた方がいいです。

 

子どもも弱いままになるし、全員が類似品になっちゃいます。

 

自分で解決するのが一番の学びってわかってるはずなのに、おかしい世の中です。

 

 

大人の責任って重いです。

教師の責任はもっと重いです。

 

 

頑張らなきゃ。

 

面白い子をたくさん育てたい。

 

 

それではまた。

留学前にもう一回更新します。

 

f:id:takerusskk:20170401223431j:image

 

ひさびさ

 

 

こんばんは

 

気まぐれで書くと言ってたブログでしたが

 

気まぐれのタイミングが来たので書きます

 

 f:id:takerusskk:20161215224428j:image

 

いつの間にか今月も半分過ぎました

 

あと2週間で今年終わりますね

 

 

 

はやいなぁ

 

はやい

 

 

 

最近は、特に何もない

 

 

何もなさすぎて虚しいくらいです

 

 

 

あ、留学の学費を払い終えた!

 

なんか解放感がすごかったので、自分へのボーナスを何か買ってあげようかなと思います。

 

 

これからはダブルワーク始まるし、たくさん稼ぎます。

 

 

向こうでの生活費をこっちで貯めとかないと痛い目見そうで怖い

 

 

 

ちなみにダブルワークは、赤い風船のボウリング場スタッフです

 

 

短期というデメリットがあるにも関わらず採用ありがとうございます。

 

初めて好きなことを仕事にできるので頑張ります。

 

 

 

 

テトリスにハマってます

 

f:id:takerusskk:20161215223109j:image

 

結構すごいべ

 

昔から好きだった

 

 

テトリスで頭も活性化されるらしいし、暇つぶしになるし。

 

良いことづくめ

 

 

 

 

欅坂にもハマりました

 

f:id:takerusskk:20161215223252j:image

 

 

サッカー合宿の帰り、サイマジョを聞いたのがきっかけ。

 

こんなにハマるアイドルは過去いなかった

 

 

推しメンは複数います

 

 

 

最初に一目惚れしたベリカ

 

f:id:takerusskk:20161215223511j:image

 

 

この可愛さ反則

 

1つ年下という信じがたい事実

 

 

 

 

ハマってく内に好きになったゆいぽん

 

f:id:takerusskk:20161215223629j:image

 

高校生

絶対アホだけど仕草や笑顔が爆発して可愛い

 

犯罪?

 

 

クールな顔してるもな

 

f:id:takerusskk:20161215223756j:image

 

中身はこれまたアホ

 

顔とのギャップにやられてます

 

 

純粋に可愛い栗太郎

 

f:id:takerusskk:20161215223922j:image

 

100%アホ

 

すっげぇ可愛い

けやかけ見てさらに好きになった

 

 

番長守屋

 

f:id:takerusskk:20161215224017j:image

 

 

運動できて美しくて可愛い

負けず嫌いで勝気で可愛い

 

理想の女の子

 

 

ペンギン氏

 

f:id:takerusskk:20161215224148j:image

 

最近きてる

 

笑顔可愛いし声可愛い

仕草可愛いし色白で少し足太いのも可愛い

 

 

こんくらいにしとかないとガチオタに思われるからやめとく

 

 

ベリカ、あかねん、もん

の3人を特に推してます

 

f:id:takerusskk:20161215224349j:image

 

 

制服と太陽は神曲

 

 

 

勉強に身が入らないです

 

 

準一級取る目標できたからがんばれ俺

 

 

やりたいことやろう

 

 

とりあえずやってみよう

 

 

準一級取って、教採受かって、笑って死にたい

 

 

 

熱い語りしたいなぁ

 

旅出たいなぁ

 

ヒッチハイクの道のり辿りたいなぁ

 

サッカー上手くなりたい

 

欅のライブ行きたい

 

 

とにかく楽しいことしたい!

 

 

ボーリング!カラオケ!手始めに!!

 

 

 

さそえーーーー!

 

ヒッチハイクの感想

 

 

やっとヒッチハイクのレポート終えました。

 

長々と駄文を失礼致しました。

 

 

この記事では、印象に残ったこととか、ヒッチハイクへの感想等を素直に書きたいと思います。

 

 

 

参考になるとは思えないので、期待は薄めてくださいね。

 

 

f:id:takerusskk:20160921210443j:image

 

 

まず、よく言われるヒッチハイクで得られるもの。

 

 

 

飲み物やお菓子はよくもらえます。

 

コーヒー、お茶、飴やガム、、、

 

暑かったのもあり、ご当地ソフトクリームを2回奢ってもらえました。

 

 

 f:id:takerusskk:20160921210553j:image

 

 

他の方のように現金をもらうことはありませんでしたが、ご飯はよく食べさせて頂きました。

 

 

ラーメンや焼き肉、カレー、デザートなどなど。

 

 

心からの感謝の気持ちを伝えることは欠かしてはいけないことです。

 

そういうご飯やおやつ類は全部ほんとに美味しいので自然と出てくると思います。

 

 

 

あと、ご飯食べようという誘いを断るのはやめたほうがいいですね。

 

そこで謙遜するのは勿体無いし、失礼な気もします。

 

乗せてもらった上に申し訳ない、、、って気持ちは分かりますが、最後まで図々しくいっちゃいましょう。

 

色々な話もできます。

 

 

誘ってもらったら、怪しくない限りは誘いに乗っちゃいましょう。

 

 

 

食物はそんくらいですね。

 

 

 

あとは部屋を貸してもらえました。

 

f:id:takerusskk:20160921211326j:image

 

アパートの一室を借りて一晩過ごさせて頂きました。

 

何が起きても不思議ではないヒッチハイクでも、これは滅多にないことだと思います。

 

 

さすがに図々しすぎないかと葛藤しましたが、素直になっといて良かったと思ってます。

 

 

 

物理的に得られたものはこんくらいかなー。

 

 

自分の内面で変わったこと。

 

 

図々しくなるスイッチが作られましたね。

 

 

自分で言うのも馬鹿らしいけど、ヒッチハイク前は色々なこと断ることが多かったんですよ。

 

申し訳ないっていうのが大半の理由でしたね。

 

 

今回、旅して誘いを断る方が勇気いるなって思いました。

 

ただ、適度に。

 

何から何まで乗っかっちゃダメです。ちゃんと境界線を見極めて判断して。調子に乗るなってことですね。

 

ヒッチハイクで冷静さを失うのは怖いですので。

 

 

あと、自ら過度なお願いするのは良くないですね。

 

 

 

 

 

他には、多少恥ずかしい気持ちが無くなりました。

 

 

やはり多くの人の注目を集めるヒッチハイク

 

笑われたことも多々あります。

 

 

f:id:takerusskk:20160921214104j:image

 

 

でも、右も左もわからない土地で金もない。

 

移動手段はヒッチハイクだけって時に恥ずかしがってたら乗れるものも乗れない。

 

必要な事をする時は恥ずかしい思いもくっついてくるのだなと思いました。

 

 

プライドの壁が低くなったってことです。

 

 

 

 

 

あとは、憧れができますね。

 

 

 f:id:takerusskk:20160921214224j:image

 

 

やはりヒッチハイクは車に乗せてもらうので、会話の機会も増えます。

 

 

 

 

相手は毎回知らない人なので、車ごとに違ったたくさんの話を聞くことができます。

 

 

長い時間一緒に過ごしてると、相手の方が語ってくれる事が多かったです。

俺は話聞くの好きなので、語りを引き出す事もしました。

 

 

その内、憧れの生き方や人柄に出会うことがあります。

 

 

俺は今回4人の方に憧れ持ちました。

 

 

職も年齢も違いました。

 

 

ただ、その方々はみんな「やりたいことはやる」っていう考えの持ち主で、それを実行してきた人々。

 

 

考え方似てて、その道の高いレベルに君臨してる人はやっぱり憧れます。

 

 

また、皆さん人の温かさを知ってる人でした。

 

こんな大人になりたいと思いながら話を聞いてた。

 

 

 

よく言われる価値観は変わんなかったです笑

 

 

 

 

 

 

あとは感謝が大事って再認識しましたね。

 

 

ほんとにたくさんの人にお世話になりました。

 

 

乗せてくれる人はもちろん、銭湯のおじちゃんや道を教えてくれる方、応援してくれる人、話しかけてくれる人。

 

今回は友達にも世話になりました。

 

 

 

もちろんスルーされる方が圧倒的に多いですが、だからこそ温かみ、ありがたみを強く感じました。

 

 

自分も機会あれば乗せたいと思います。

 

 

 

感謝に溢れた人生にしたいなって思いました。

 

 

f:id:takerusskk:20161001225454j:image

 

 

 

 

こんなもんですかね。

 

 

 

やってよかったと思ってます。

 

想像してたよりも楽しかったし。

 

 

機会あればまたやります。

 

 

 

 

これでヒッチハイクについては終わります。

 

 

気が向いたら関連したこと書くかもしれないけど、とりあえずそこらへんによくあるブログにするつもりです。

 

 

 

 

 

では。

 

 

 

ほんとのおわり

 

 

京都東インターに着く。

 

ヒッチハイクとしては最高レベルにやりやすい。

 

ただ、難点なのが路駐が多いこと。

 

高速に乗るには二車線のうち右に行かなくてはならないので、路駐があると停めにくいし出にくいのである。

 

一度断念し、反対側へ向かうも停まる気配が無い。

 

20分やって、あまりの気配の無さに、勝手に「こっちは反対方面しか行かないのか、、、」と決めつけて、最初のポイントへ移動。

 

 

すると、、、

 

------------------------------------------------------------

 

f:id:takerusskk:20160909133533j:image

 

いるわいるわ。

 

俺合わせて4組いるわ。

 

ここ、どうやら有名らしい。

 

みんな東へ向かうので一致団結、ヒッチハイカー仲間として粘る。

 

すると、、、

 

------------------------------------------------------------

 

20台目はトルコの方。

 

なんと我々全員乗せてくれた。

 

目的地の一宮まで一気に進む。

 

途中、一般道と組み合わせながら進んだが、この方がとてもひょうきん。

 

道行く1人の女性には必ずクラクションアピール。

 

経験国籍は数え切れず、女がいたら突っ込むのが男。

 

かーなり盛り上がった。

 

一宮よりも養老の方が高確率らしいので、養老で降ろして頂く。

 

f:id:takerusskk:20160909134333j:image

 

そして彼らとも養老でお別れ。

 

短い時間だったが、楽しかった。

 

さらば若き青年たちよ。

 

 

-------------------------------------------------------

 

単独行動を再開。

 

お昼を食べようとするも、目ぼしいものがなく即座にヒッチハイク開始。

 

暑かった。非常に暑かった。

 

汗が滴る。静岡・横浜方面を掲げること約20分。

 

 

さっきからいかついお兄さんが見てたんですよ。

目つけられたかな、何もしてないけどな、こわいなぁこわいなぁ、って言いながらチラッと見てみると、やはりこちらを見てる。

 

怖いので駐車場の方を見てると、おでこに汗が溜まったので手で拭った。

 

その瞬間、「乗ってくかー?」と、そのいかついお兄さんから声がかかった。

 

------------------------------------------------------------

 

21台目は仕事帰りの方々。

 

運転席にはいかついお兄さん、助手席には優しそうなお兄さん。

 

 

高松から群馬までハイエースで帰るとこだったとのこと。

 

 

養老から鮎沢まで乗せてくれた。

 

鮎沢というと、足柄SAの1つ東京寄りのPA

 

 

最高。一気に帰れる。

 

 

 

しかも、いい話を聞かせてもらった。

 

昔の仕事のこと、若かった時のこと、ヒッチハイカーをたくさん乗せたこと、今の仕事のこと、世の中のこと、趣味のこと、、、

 

たくさん聞かせてもらった。

 

f:id:takerusskk:20160910134112j:image

 

途中のSA・PAでは飲み物やアイス、さらには彼女へのお土産も買ってくれた。

 

なんだろう、この心の広さ。いろんな経験してきた人にしか身につかないような雰囲気でした。

 

2人に出会えたことは本当に運が良かった。

 

今思い出しても泣けてきます。

 

f:id:takerusskk:20160910134941j:image

 

覆面パトカーの見分け方、富士山ナンバーが静岡軍か山梨軍かの見分け方、女性との遊び方、そんな豆知識的な事まで教えてくれたんですよ。

 

なぜか説得力があるから怖い。

 

 

 

乗せてくれた理由を聞くと

「いや、兄ちゃんさぁ、手で汗拭ってたでしょ。」←先述した、養老での事

 

「それがさぁ、あんまり爽やかに見えたから思わず声かけちゃったよ〜」

 

との事。やっぱり爽やか一番。やってみるものです。

 

 

いろんな話をして、ルート変更までしてもらい鮎沢PAに着。

 

 

鮎沢はトラックが多いので、「コンテナを見て横浜行くやつを 今から言うから、それに声かけてけば帰れるよ」と、ボブサップもびっくりの特技を披露してくれたお兄さん。

 

やはり握手は固かった。感慨深い。思いっきり感謝を告げて、お別れ。

 

 

ありがとうございました。

 

f:id:takerusskk:20160910135907j:image

 

------------------------------------------------------------

 

鮎沢には17時頃に着いた。

 

夕食を済まそうとするも、やはり鮎沢限定なるものは無く、横浜戻って食おうと決め、PA先端の方でヒッチハイク開始。

 

超イケメンなトラック運転手の兄ちゃんに激励してもらったり、行き先違うけど頑張れって言ってくれる家族だったり、やはり人は暖かい。

 

しかし、その思いに反するように辺りが暗くなってきた。

 

コンコンヒッチハイクは今回やりたくなかったので、なんとか粘る。

 

とろろの様に粘って待つ事40分。

 

 

一台のファミリーカーが行ってしまった、、、と思いきやバックで戻ってくる。

 

そして停まる。

 

------------------------------------------------------------

 

22台目は大阪から帰省中のご家族。

 

ご夫妻はなんと教職に就いてるらしい。

 

教職について、色々話を聞けた。

大阪は思ったよりも人懐こい生徒が多いらしい。

 

 

やっぱりこういうことは若い内にしかできないので、旅行とかたくさんしなぁということや、教職に就くならたくさんの経験をした方がいいということなど。

 

ヒッチハイク最後の方々が教職関係者とは。

大橋君はもってるよ。運いいよ。」

 

自分でも常々そう思っております。

 

 

そして、横浜駅まで送って頂ける。

 

と思ったら、家の住所を聞かれた。

 

なんと、家まで送ってもらえることに。

 

 

こんなヒッチハイカーいるだろうか。

 

 将来なりたい職業に就いてる方々に乗せてもらい、様々なエピソードを聞き、冗談も混じって楽しい雰囲気の中、家まで送って頂ける、、、。

 

俺もこんな心の広い大人になろうと思いました。

 

 

東名から保土ヶ谷バイパス、横浜新道へ、、、

 

どんどん地元へ近づいていく。

 

長いヒッチハイクの旅が終わろうとしてます。

 

車内は相変わらず明るい雰囲気。

 

 

関西独特の空間でした。

 

 

別所インターを降り、鎌倉街道を上大岡方面へ。

 

 

ここらへんで、ヒッチハイクの感想を聞かれたので、なるべく簡潔に気持ちを込めて伝えました。

 

やはり感慨深いです。

 

 

ヨーカドーを、サンクスを通り過ぎ、遂に。

 

------------------------------------------------------------

 

 

自宅!!!

 

到着しました!!!

 

20時30分!!!

 

最後に乗せて頂いた皆さんと握手をし、感謝。

教師になる約束をして、お別れ。。。

 

 

やーーーーっと着いた!!

 

即座に婆ちゃんの家に。

 

果物を剥いてもらう。

 

 

そしてお世話になった方々へ連絡。

 

みなさん喜んでくれた。

 

 

よくやった。

 

 

この言葉は何度聞いても嬉しいものです。

 

 

全部で22台の車にお世話になりました。

 

 

本当にありがとうございました!!!

 

 

またどこかでお会いできることを楽しみにしてます!!

 

 

-------------------------------------------------------------

 

アホな筆者はアホな友人に電話。

 

恐らく、まだ旅を続けたかったのでしょう。

 

銭湯行って、ヤビツ峠行こうぜ

 

行ってきました。

 

f:id:takerusskk:20160910220210j:image

 

帰り道寝てしまって申し訳なかった。

 

-------------------------------------------------------

 

こんな感じで、私のヒッチハイク旅は幕を閉じました。

 

とても楽しかった!!

 

 

初日、家を出るまで

 

(本当にやるのか?)

 

って思ってたけど、いざ勢い任せにスケッチブックを掲げてみると、意外にもすぐ慣れる。

 

 

恥ずかしさもあるけど、なんか慣れる。

 

 

そして、乗せてもらえた時の感動は恐らく他では味わえないです。

 

 

道中辛くても挫折しそうでも、終わってみると意外と寂しさを感じるものです。

 

 

感想は次回簡単に書きたいと思います。

 

 

 

f:id:takerusskk:20160910221551j:image

 

 

お疲れさまでした。

 

 

 

 

 

 

続き (ヒッチハイクの巻 最終章)

 

 

 広島で起床した続き。

 

今回の更新でヒッチハイクの振り返りは終わりたい!

 

------------------------------------------------------------

 

 

ひとまずインターチェンジを目指す。

 

府中インターがスポットらしいので目指した。

 

 

しかし、広島駅から歩くと遠い。

 

思った以上に遠いし、暑い。

 

高速が見えてきたので歓喜の渦を作っていると、左手にAEON MALLが。

 

------------------------------------------------------------

 

避暑地AEON MALL

 

f:id:takerusskk:20160909003819j:image

 

多くのご年配の方が散歩中の休憩に利用すると言われている。

 

前にはSLが飾られていた。

 

そんなAEON MALL、涼しさを渇望していた私は入らないわけがなかろうと言わんばかりに意気揚々と入店。

 

すっかり気に召したソルティライチを購入。

 

水分には困らないよう、2本買った。

 

 

朋友・広島カープのグッズを見て、退店。

 

f:id:takerusskk:20160909004212j:image

 

------------------------------------------------------------

 

すっかり人の目は気にしないようになった私。

 

しかし、今回のヒッチは違った。

 

休日の田舎、人々はAEON MALLに集結するのである。

 

主婦やご年配の方、ファミリー等、平和な種族のみならず、人の目を気にしてしまう成長期・青年期の少年少女もAEON MALLに集結するのである。

 

次々と現る同年代の若い女性たち。

 

正直恥ずかしいのだが、それでもやるしかないのだ。

 

私がやらなきゃ誰がやるのだろう。

 

府中インター前の信号手前で開始。

 

すると10分くらい経った頃か。

 

軽が停まる。

 

------------------------------------------------------------

 

 16台目、ネット系の会社の社長。

 

高速は使わないが、もっと確率の高いインターまで乗せてくれるとの事。

 

 

この方、色々とすごかった。

 

 

若いうちから後悔を減らしていくことが大事。

思い切りのよさ。

大衆の盲点をつくこと。

 

話していてとても楽しかった。

 

さらに、最初目指していたインターよりも遠く、その日の目的地に近いインターへ向かってくれた。

 

 

途中の大通りで降ろして頂いたが、話せたことは大きな経験になった。

 

感謝を告げ、下車。

 

--------------------------------------------------------------

 

 

川沿いの大きな道路、バス停にて開始。

 

f:id:takerusskk:20160909005329j:image

 

 

停まりやすいポイント、スケッチブックが見やすい場所を選択したので期待は高かった。

 

 

案の定、20分しないくらいで一台の軽が停まってくれた。

 

------------------------------------------------------------

 

 

17台目はお姉さん。

 

かなりお若い。下手したら同年代くらい。

 

志和インターまで送ってもらえることに。

 

 

お姉さん、助手席にワン様を乗せておられた。

 

ワン様かわいい。人懐こい。

 

お姉さんもかわいい。天然最高。

 

 

近い内に横浜に来るらしい。

 

奇跡的に会うことができれば良いと密かに思う。

 

車内では、横浜・東京の名所やプールを紹介した。

 

是非とも無事に遊んできてもらいたい。

ありがとうございました。

 

しかし、お姉さん

料金所のすぐ手前、車がビュンビュンの所に歩行者を降ろすのは、次回からやめてあげてください。

 

死ぬ思いで走り逃げました。

 

-------------------------------------------------------

 

そうして志和インターへ到着。

 

反対側のセブンイレブン手前、高速の下の日陰になるところで再開する。

 

f:id:takerusskk:20160909010703j:image

 

すると、セブンの方から「小谷まで行くけど乗る?」と声をかけて頂いた。

 

開始してから15分。

 

やはり俺は運がいい。

 

 

------------------------------------------------------------

 

18台目はトラックのお兄さん。

 

ヒッチハイカーは割と乗せてるみたいで、気さくに話しかけてくれた。

 

実は1つ上のお兄さん。

それでも会社の中では随分慕われているそうで、やはり年齢ではなく人柄なのだなと感じた。

 

大学生活の話をしたり、これからの話を聞いてもらったりした。

 

思ったように生きることはやっぱり難しいけど楽しいらしい。

 

小谷サービスエリアに到着。

 

名残惜しくも、感謝を告げて下車。

 

楽しかったです。

 

------------------------------------------------------------

 

小谷SAで少しお土産巡り。

 

目ぼしいものは特になく、休憩し、スタバの前で開始。

 

京都・岡山方面を掲げ待つこと5分。

 

スタバの綺麗なお姉さんが、「ヒッチハイク頑張ってください!」と、なんとアイスコーヒーをくれた!

 

暑い中、最高の褒美である。もうあの笑顔忘れない。

 

これまでのスタバへの先入観が崩れた気がした。

 

 その後も続けること20分くらいか。

 

 

あるバンが停まり、こっちを見てる。

 

正直怖かった。なので気づかないふりをしていると、

 

「乗ってくか?」

 

 

------------------------------------------------------------

 

19台目は、ご家族で広島旅行の帰りの方々。

 

 

ハイエースでお出かけされていたようで、丁度みんな寝てるし話し相手にとの理由で乗せてくれた。

 

このご家族、これまた神様。

 

なんと京都まで乗せて頂けることに。

 

しかも相当すごい方。

 

どれくらいかと言うと、祇園祭に欠かせない物の作成者。

 

こんな人見たことないってくらい凄い人。

 

 なんかもう色んな話をした

 

音楽の話、結婚の話、仕事や生き方、価値観の話、、、

 

本当に話した。

すごく楽しかった。

 

話が弾み(個人的感覚)、京都府に入った。

 

するとお父さん、「うち今アパート空いてるから泊まってくか?」

 

「うち今アパート空いてるから泊まってくか?」

 

渡りに船、これを逃したら俺はおしまいだ、、、

 

そんな浅い事も考えず、即答で「お願いします!」

 

さらに地元ラーメンまでおごって頂いた。

 

長旅でお疲れの中、奥様娘様、そしてお父様には大変お世話になりました。

 

本当に最高の家族だと思っておりました。

 

そしてアパートに着。

 

明朝はお見送りできないから、これでお別れね、ということだったので、心からの感謝を告げた。

 

結構泣きそうでした。

 

シャワーも布団も貸していただいて、なんとクーラーも付いている。

 

びっくりなのは、四畳半だったこと。

 

f:id:takerusskk:20160909132604j:image

 

人生のやりたいこと1つ達成しました。

 

四畳半、自分の国を持てたようで快適でした。

 

ゆっくりと疲れを癒し、明日の準備を済ませ、就寝。

 

------------------------------------------------------------

 

京都旅行の為、6時に起きる。

 

感謝の手紙を残し、いざ出発。

 

徒歩で鴨川デルタへ向かう。 

 

------------------------------------------------------------

 

30分くらい歩き、無事に到着。

 

f:id:takerusskk:20160909132740j:image

 

暑かったので、飛び石に座り足を冷やす。

 

人も少なく、水が打つ音に心を委ねる。

 

心身が癒される。

 

良き時間だった。

 

京大まで行こうかと思ったが、少し遠かったので断念。

 

鴨川沿いを歩き、京都駅へ向かう。

 

f:id:takerusskk:20160909132955j:image

 

久々の京都だったが、特に変わった事は無かった。

 

いつか賀茂川神社の古本市に行きたい。

 

------------------------------------------------------------

 

京都西インターへ向かう。

 

やっぱり長いから次回に回します笑

 

どうぞよろしく。

 

 

 

ヒッチハイクの続き

 

 

前回、府中湖PAへ到着した筆者。

 

この先どんな険しい道があるのか。

 

その我が未開の地は拓かれるときは来るのか。

f:id:takerusskk:20160903144306j:image

 

------------------------------------------------------------

 

 

府中湖で開始。行き先は倉敷・広島方面。

 

スマートインターの手前で始める。

 

なんと開始3分で乗せて頂くことができた。

 

非常にラッキーである。

 

 

-------------------------------------------------------

 

13台目は某理系大手企業のすごい方。

 

なんと表現したらいいのか分からないけど、とにかくすごい。

 

 

 

オーラが温かい。優しさが滲み出ている。

 

笑顔からもそれは読み取ることができ、完膚なきまでに優しい。

 

やはり若い内はたくさん旅行をすべきだという。

やりたいことをやるのは若い人の特権だとのこと。

 

そして語学。

なんと、他言語が話せないから昇進はこれ以上無しということが実際にあるらしい。恐ろしい。

勉強しといて損は無い。

 

この先の人生のモチベーションが上がる出会いだった。

 

ちなみに、この方のおかげでさりげなく念願であった瀬戸大橋を渡ることができた。

 

鴻池サービスエリアで降ろして頂き、お別れ。

 

------------------------------------------------------------

 

 

間髪入れずに開始。

 

 

この日は恵まれたことに待ち時間が非常に短い。

 

おそらく3分と待たずに乗せて頂く。

 

 

-------------------------------------------------------

 

14台目は、これからサッカー観戦に行くご家族。

 

お父さんの元トラック運転手の経験を生かしてくださり、早島インターまで乗せて頂いた。

 

 

車内では、中学2年の娘様と英会話したり、サッカーについて話したり。

 

みなさん明るく、とても楽しいひと時だった。

 

是非ともサッカー観戦を今後も続けてもらいたい。

家族ぐるみでスポーツ観戦とは、何と幸せなことだろうか。やりたい。

 

下車時には、ソルティライチの凍ったものをくれた。

これからのために買ったはずなのに、と思いながら受け取る。本当にありがたい。

 

この先このソルティライチに命を救われることになる。

 

------------------------------------------------------------

 

早島インター付近には逆の岸に渡る横断歩道がなく、迂回して行くしか道は無かった。

 

この迂回路がもう遠いったりゃありゃしない。

 

自販機も無く、避暑地も無い。

ソルティライチが唯一の味方である。

 

今筆者がソルティライチにハマっているのはこの経験があってのことです。

 

30分くらいかけて迂回成功。

 

 ------------------------------------------------------------

 

ガソスタの出口付近で開始。

 

 

 

15分くらい経過した頃。

銀色のシエンタがハザードを炊いて停まった。

 

 

------------------------------------------------------------

 

15台目は造船業をしている方。

 

造船業!!この職業に就いてる方は初めてだった。

 

かなり興味があったので色々質問させて頂きました。

 

全国で造船するのか、どのような過程を担当しているのか、進水式はやはり感動するのか、、、

 

とにかく質問しまくった。

 

細かいことは言えないが、やはり大変な職らしい。

力仕事には危険が伴う。

 

心優しい方で、詳しく教えてもらった。初めて聞くことばかりだったので、かなりいい経験になった。

 

興味深い話に加え、なんと広島駅まで送って頂いた。

かなり混雑しており、申し訳なかった。

 

車窓から見えるカープ女子はかわいい。かわいく見える。なぜだろう、カープ女子というマジックが点灯しているのか。

 f:id:takerusskk:20160903154907j:image

全身赤色のカープ男子諸君には立場を弁えて頂きたい。需要がないことを知ってもらいたい。

 

 

無事広島駅に着いた。

握手をしてもらい、お別れ。本当にいい方に出会えた。

 

------------------------------------------------------------

 

広島に到達。

f:id:takerusskk:20160903154533j:image

とりあえず宮島に行きたかった。行った。

 

------------------------------------------------------------

 

初の宮島上陸。

 

野生の鹿は果たして野生の鹿なのか調査する

厳島神社を見る

宮島の空気を吸い、地を踏む

 

以上3点の目的を持ち宮島攻略に臨む。

 

f:id:takerusskk:20160903151719j:image

 

f:id:takerusskk:20160903151740j:image

 野生だった。

 

f:id:takerusskk:20160903151758j:image

 

厳島神社はなんと干潮だったので真下まで歩いて行けた。レアらしい。タイミング良すぎて怖い。

 

根元に無数のフジツボを発見した時は血の気が引いた。大の苦手である。

 

次は是非とも青い海に浮かぶ鳥居を見てみたい。

 

 f:id:takerusskk:20160903154838j:image

 

そして本州へ戻り、アナゴ丼を食す。

 

f:id:takerusskk:20160903152057j:image

 

信じられますか?

これで1500円。

 

信じられますか???

 

美味しすぎ。感動した。回転寿しのアナゴがチンケな物に感じる(失礼)。

 

これにて宮島旅は終了。

 

続いて原爆ドームへ向かう。

 

------------------------------------------------------------

 

ワープを使って広島駅周辺に到着。

 

夜も遅く、涼しくなったかなと思いきやそうでもなく。

 

ただ、若い女性たちに誘惑されたのは嬉しかった。勘違いでもいい。

 

目が合った時に照れた感じを出したり、前髪を触ったりするのはかっこいい人を見かけたとき働く本能による動作らしい。

 

俺はやったぞ!広島だとモテるぞ!嬉しいぞ!!

 

煩悩を叩きのめすために徒歩で原爆ドームへ。

 

遠い。遠かった。暑かった。

 

 f:id:takerusskk:20160903154724j:image

 

なんとか到着。

 

------------------------------------------------------------

 

初の原爆ドームである。

ライトアップされていたり、川沿いにイチャイチャカップルがいたり色々な面で予想外だったが、やはり考えてしまう。

 

戦争は怖い。

 

そんな何かを感じるとか、価値観が変わるとかは無いけど、やっぱり怖い。

 

どこまでがそのままにされているのか分からなかったが凄まじかった。

原爆投下の日のすぐ後に訪れたということもあり、献花がたくさんされていた。

 

これが横浜にも投下されると想像すると。

原爆の被害を喰らうと想像したらもう恐ろしすぎる。

 

------------------------------------------------------------

 

さすがに原爆ドーム周辺で野宿するわけにはいかないので、ネカフェで泊まる。

 

安いとこを探し、入店。

シャワーもあるし、ソフトクリームもあるし最高。

 

6時間くらい寝れた。

 

起きた。

 

 

さて。

宮島行けたし、カープ女子見れたし、帰るか!

 

と思い帰路へつく。

 

次回、ついに帰宅か!?

 

 

 

 

 

続き2

 

前回より続きます。

 

 

大学生3人と別れ、夜の高松を歩き出す。

 

意外と何もない。県庁所在地なのに栄えてない。

ジャズかレゲエかの野外コンサートやってたけど、それ以外はシーパラと雰囲気似てました。

 

f:id:takerusskk:20160823225725j:image

 

 

確か8時くらいの到着だったので、うどん屋は諦めた(香川のうどん屋は閉店早い)

 

風呂を探して歩き回る。

 

------------------------------------------------------------

 

歩いて15分程のところに古風な銭湯発見。迷わず入る。

 

f:id:takerusskk:20160823225859j:image

 

客は俺しかおらず、完全貸切状態。

 

番台のおじさまとお喋りし、入湯。

 

久々の風呂は大変気持ち良かった。しかし、ここで水ぶくれを発見。これは歩くのがしんどいはずである。

 

銭湯を後にし、再び散歩。

 

海岸線を歩いてみる。

雰囲気は最高であり、波の音に身を任せて眠気を待つ。

 

 

ある程度安らいだところで高松駅2階の待合室的なところで睡眠を図る。

 

 

しかし、終電とともに追い出しをくらう。

 

残された選択肢は野宿である。

 

------------------------------------------------------------

 

人生初の野宿。

 

予定通り上下長ジャージを着て眠りにつく。

 

意外と早く意識が無くなった。

 

 

陽射しと暑さに目を覚ます。

 

意外とよく眠れたようである。

 

------------------------------------------------------------

 

とは言え、6時。

うどん屋の開店まで時間があるので、やはり散歩。

 

明るい香川の海はとてもキレイだった。

f:id:takerusskk:20160823230628j:image

 

京急の生まれ変わりと言われてる電車も見れた。

 

f:id:takerusskk:20160823230544j:image

 

 そして、有名な公園を訪れる決意をした。

距離にして2キロ。猛暑。

 

-------------------------------------------------------

 

なんとか辿り着くも、入園料がかかる。ここは三渓園並みにすごいらしい。

 

香川に来たのが本当にうどんのためだとバカらしいので、入ることに。

 

中は美しかった。

言葉では伝えられないが、昔の美を感じた。

 

f:id:takerusskk:20160823230925j:image

 

f:id:takerusskk:20160823230956j:image

 

 

公園を後にし、目的のうどん屋へ。

 

この旅の目的を果たす時がきた。

 

------------------------------------------------------------

 

歩いて兵庫町へ。

 

この時、脱水で苦しい思いをしていた。

 

うどん屋に着き、注文を済ませ、即麦茶を4杯飲む。

 

潤される。癒される。日本の麦茶は偉大である。

 

f:id:takerusskk:20160823231131j:image

 

こちらがそのうどん。

 

麺のコシ、汁の濃度、鳥天の具合など、関東とは異なる点が多かった。

 

おいしかった。食レポは向かない。

 

 

-------------------------------------------------------

 

なんと、早々に旅の目的を果たしてしまった。

 

この時、10時30分。香川を満喫するにも何を満喫していいのか分からない。

 

まさか香川まで来てショッピングをするわけにもいかないし、突っ立って暑い思いをしたくもない。

 

そうだ、広島行こう。

 

思い立ったが吉日、高松中央インターを目指す。

 

意外と遠い。

 

 

高松中央インター付近のロケーションは最高。停まるところ、立つところ、避暑地等揃っている。

 

しかし、逆境男はこういう絶好のロケーションには弱い。

 

 

なかなか止まらない。

 

待つこと1時間。

 

ついに一台の軽が停まった!

 

さらに家族連れ!!

 

 

暑さに参って飯を食いに行く寸前でのヒッチハイク成功に感謝しかなかった。

 

 

やはりヒッチハイカーは珍しいのか、初めて乗せたとのこと。

 

お子様たちも可愛く、礼儀正しく、最高の家族であった。

 

談笑を楽しみ、府中湖パーキングへ。

 

 

見つけてくれた息子くん、突然の青年来訪にも優しかった娘さん、安全運転で届けてくれたお父さんには感謝しかありません。

 

府中湖着。

 

f:id:takerusskk:20160823232138j:image

 

 

次回、ついに広島上陸。